忍者ブログ
2011~2012年に連載された桃森ミヨシさんの「皇子かプリンス」ファンサイトです!
comic
>1>>2>>3>>4>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a
皇子かプリンス (3)
桃森 ミヨシ (2012/8/25)
■新書判/224ページ
■定価:420円(税込)
■収録作品/皇子かプリンスnobel 16~23+24

高仁様と晴ちゃん、2人そろっての祭祀に感動するつなぐ。でも皇様から2人を選別してほしいと新たな課題が──。2人の皇子と向きあい、必死に考えたつなぐが出した答えは──? 高貴なラブコメ、ここに完結!

【収録作品】描きおろし それぞれのボンボニエール



今だからこそ考える、日本が持つ価値観





出ました3巻。そして最終巻です。

最後まで読んだ率直な感想としては
「非常によくまとまっているなあ!」です。それはもう打ち切りとは思えないほどに。
そうなんです、打ち切りなんだそうですよ…、この事について桃森先生がとても真摯に読者にむけて説明なさっていて、なおかつ編集部にも感謝なさっている。その言葉が全然きどってなくてとても素直で、ああやっぱり桃森先生のこと好きだなあと思いました。ぶっちゃけすぎだろ、とも思いましたが(笑
たしかに恋愛面での話は打ち切りな感じで、もっといっぱいあったであろう皇子とのきゅんきゅん話はまったく足りません。
でもこのマンガがたった3巻までで非常に完成度が高く感じるのは、やはり一番のテーマとなる部分は恋愛ではなかった事の証拠であろうと思います。

韓国が天皇陛下を侮辱したりいろんな問題が浮き彫りになって、ここにきて初めて「天皇陛下の役割ってなんだろう?」と考えた若い人も多いのでは。それまでは日本人にとって天皇とはちょっと遠い存在でした。というより世代によって価値観が大きく変わる。お年寄りにとっては神にも等しいし、母親世代は美智子様や雅子様、紀子様のご成婚でまた別の思い入れがあるでしょう。私世代になるとそれも記憶になく、なんとなく存在が遠くなって来て、今の若い人にとってはまったく接点がなく、教科書で習う「象徴」としての漠然としたものでしかない。
とてもわかりにくい天皇制度の存在意義みたいなものを、とても分かりやすく表現できている創作マンガは他に無い、と私は思います。ああだから日本人は陛下を侮辱されてこんなに怒ったんだな、というのが理解できた。私も腹がたっていたけど、その理由をはっきり説明できなかった。でもこれを読んで、根本的な価値観というか、この国の人の生き方そのものの概念だったんだと、感覚で分かることができたんです。

そういう意味で、短いものではありますが、このマンガは非常に意味のあったような気がします。
小さいところから意識を変えている部分はすごくあると思う。とくに年齢の若い読者の。

しかしだからこそ娯楽恋愛マンガとしてはダメだったのかもしれないな、とも思いました。
皇子二人は魅力的で性格も面白かったし、キャラもたっていました。設定も面白い、テーマもすばらしい、メッセージ性は申し分ない。
足りなかったのは主人公との恋愛部分においてのときめき、それに尽きると思います。
ただ逆に考えると、主人公が恋愛に特価した子で、皇子が大好きー!とストーカーなみに追いかけ回す子だったら、大切なメッセージはまったく伝わってこないむしろ腹立たしいマンガになったかもしれません。また、皇子が主人公に入れあげて、公務そっちのけで恋愛に重視するような男だったら、これまた台無し。
現実に即していたからこそ、娯楽としての軽い恋愛マンガには発展しなかったのが原因のような気がします。


しかしマンガとしての完成度、とくに見せ場はすばらしかった。
二人の皇子が記者会見と生徒会演説でそれぞれ相手を尊重し、それがリンクするところ。
無私で行った二人の姿。
そして最後の書き下ろしでの「無私」というもののまとめ方。
高仁、晴仁、つなぐ3人がそれぞれ「無私」の気持ちで相手の為にした事…それが物語の最初の謎に対する答えにもなっている。
完璧な構造です。
最後の書き下ろしがあるのと無いのとではかなり印象が違ってきます。


いろんな意味でいいマンガだったし、惜しいなあ。
このマンガはすごく桃森先生の評価を上げたし、逆に人気面では下げたかもしれない。
「悪魔とラブソング」や「桐島、部活やめるってよ」のコミカライズでも思いましたが、桃森先生はキャラクターの心理描写がうまいんです。そしてその感情が、恋愛面だけに向かっていない。人間として持つ嫉妬心や、尊敬の心、相手に尽くす心、独善、誇り、社会性。
そういった難しいことを描ける作家さんなのです。
しかし娯楽としてのマンガを描こうという気概も見える、とくに皇子かプリンスは一見すれば乙女な逆ハーです。きゅんきゅんさせる為にがんばろうというサービス精神は、ハツカレでも証明済みです。
ただ、今その両極にある二つのバランスが取れていないのかもしれない。
勝手なことを言いますが、桃森先生は雑誌を変えて、ラブコメ部分を捨てる勢いでもっと大人向けの本格的な深い物語に特化したものをやるか
社会性は捨てて、単純で分かりやすいハツカレのような、心理描写だけに特化したものを描くか、どちらかをせまられているような気がしてなりません。
もちろん一番いいのは両極にあるその二つのバランスが取れること。その時ものすごいヒットを生み出す可能性も感じながらも、今ちょっと試行錯誤されている感じもしてしまいます。
作品のたびに変化を見せている作家さんですから、次回作がどんなものになるかすごく楽しみです。私の言ったようにどちらかに特化するのか、それともまったく違う挑戦をなさるのか、次回作の発表が待たれるところです。


PR
ほんとに突然の最終回で悲しさいっぱい…
でも話的にはきちんとキレイにまとめられていました。

そして最後まで読んで、やはりこれは恋愛色がうすい話だったな、と思いました。
それより皇家(皇室)についてのテーマの方が大きかったというか、ストーリーにおいて重要視されていたなと思いましたね。
3巻に描きおろしで追加が1話入るそうですから、そこらへんで恋愛面の補填をするのかな?


うまくいけば名作になるような気がしてたんですが、題材的にも難しい面があったんじゃないかなと思います。
いくら仮想とはいえ皇室をモデルにしている限り、ぶっちゃけ無茶な展開や
奇想天外な話運びにはできないんじゃないかなと思っていたんです。
たとえば皇子が公務より自分の恋愛を優先させて、皇子としての立場を放棄するなんていう少女マンガではおきまりの王道路線も、この実際にある皇室を背景にしている世界観では無理なんじゃないかな、とか。
高仁様が「祈るだけなんて意味のないことを」と言った時もヒヤヒヤしましたし…。
でもちゃんと続きも読めば、それがいかにすばらしいことかっていうのが
伝わるよく出来たストーリーだったんですけどね。
そうそう、高仁様は三笠宮寛仁さまをモデルにされていたのかな、と思ったりしました。
ヒゲの殿下は皇室らしくない言動と自由な行動で、ご自分でも「もし皇室に生まれていなかったら社長なんかになって、自分で会社を作ったりしてた」みたいなことをおっしゃっていたそうです。
オールナイトニッポンのDJもされていたそうですね!!すごいな…
とはいえやっぱり皇室というのは、イギリスにおける王室と国民に比べてとても距離があり、私世代でも身近には感じにくいですから
雑誌の読者層にとってはもっと遠いのかもなあ。
きっと王族ものというとヨーロッパやアラブを思い浮かべて、日本にも王室(皇室)があるという事がとっさに浮かばない。
でも実際にそれを題材にするとファンタジーと現実の境界にきわどさがあって、素直に楽しめないという人もいたかもしれない。
私は現実に即していたからこそいい物語だと思いました。
だって他にはこんな王(皇)様のありかたの国は無いですから。
今までにない事にチャレンジした、意欲的な作品だったなと感じています。そして意味も多分にあったんじゃないかな。これで興味をもった人はいるはずだし
私もこのマンガで初めて知れた事も多いし、
なんだかいろんな事が誇りに思えました。それがすごく嬉しかった。

つなぐは最後までつなぐだったな、と。
マリアにしろチロにしろ、だんだん周りに影響されて変化してく部分も大きかったですが、つなぐに関しては自分が変化するより、皇子二人に与えた影響の方が大きくて
自分自身はもう完成されているような気もしますね。
ある意味、普通の等身大からは遠い女の子。
私としては、完璧な無私であるつなぐが、恋をしてだんだんわがままになったり普通の女子化していくのかなと思っていましたが
そこまでいく前に終わってしまったのか、それとも最後までつなぐはつなぐのままの予定だったのかは今となっては分かりません。
高仁様に思わず告白してしまった時は「あー無私を失った」とちょっと感じたけど、その後の行動がやはりつなぐ節だったし(笑)


もっと言いたいことはあるけど、それは3巻に入る追加話を読んでからに取っておきます。
それが本当の最終回なのかな。楽しみです。


楽しみと言えば次回作もです!
今回の最後のページにあった煽りがなんかジャンプっぽいw
戦いはまだ始まったばかり!じゃないけど、斜めにカクカクした文字でどーんと「ご期待下さい!」なんていれるあたりが、元銀魂担当さんのジャンプ臭とか思っちゃったw
ということは次も具体的に決まっているのかな。
ハツカレから悪ラブになった時の路線の違いにも驚いたけど、皇プリでは絵柄も含め世界観もがらりと変えてきたし
「桐島、部活やめるってよ」では全然違う勢いのある作風を見せてくれた桃森先生。
原作の朝井リョウ先生も、男子のスポーツ独特の熱い感じが堂々と少女マンガ雑誌に掲載されてる!と絶賛されていました。
ということは次はスポーツもの…?
何にせよどんなびっくりを見せてくれるのか楽しみにしています!
退院しておまちかね意気揚々と雑誌をひらいたとたん衝撃の事実。

次回、最終回…だと…???





ばかな!!!!!






入院してる間にこんなことになるなんて〜!!!
ひどい集英社、あんまりだよ桃森先生…
体力だけはあるのに珍しく(つか初めて)入院なんかしてしまったから…
ってそれは関係ないですけれども…
わかってますけども…




まあ、そんな気はしてたんですよね。
それまで順調に上位だったのが、2巻のラストの回(問題の回とも言える…かも?)でいきなり不自然に掲載が最下位になった時から
これはいろいろと続かない要素があるのでは、と危惧はしてました。
とくに最近の展開はずっと、話をたたみにきてるような感じだったから
終わりは近いのかなと思ってましたよはい。
でもせいぜい4巻か5巻くらいだろうと思ってたわけで。
次でいきなり終わるとは想像しなかったよ〜〜〜〜!!!!
せっかくいい題材なのになあ…
こんなにちゃんと、かつ分かりやすく描かれてるマンガは他にないよ!
そんなわけで前回と今回、そして最終回はネタバレ感想をしないでおきます。
でも最終回のあとはやっぱり思うところを書いちゃうとは思いますが。

しかし退院したとたんにこれはないよ〜…
また逆戻りしそうだ気分的には。
もうすぐ次の雑誌が発売される今の時期だといつもなら21話の感想をとっくに書いているのですが、
先週から現在にかけて、実は入院しております…(:_;)
これ、携帯から書いてるんですが、感想を画像つきで書くのは携帯では大変そうで
できそうにありません~(>_<)
もうすぐ退院できそうですが、その頃は次の雑誌が発売してしまいそうです。
今回分は次回の感想と一緒にアップする予定です。
やっぱり晴ちゃんの身分がばれそうになってきてますね〜。
人から人へ、うわさが適当な形で広がっていってるけど、誤解を生んだりもしそうで心配です。
でもこれをきっかけに、晴ちゃんが皇子だってことをカミングアウトしそう。
というのも随分と話のテンポが早く、夏休みがもう終わってしまったところを見ると
やはり話としてまとめに入ってるような気がするんですよね。
コミック2巻の感想でも書きましたが、この連載は長くは続かないのかもしれない。
最初から「どっちも」というキーワードで話を作られている形ですから、最後までの流れは決まっていて、その上で短期連載だったのかも知れませんが
どうしても題材の難しさで問題があったのでは、と勘ぐってしまいます。
ここまで本当にいい作品になっていると思うので、終わってしまったら残念でなりません。


でも今回でも大事な事がちゃんと入っていて、この題材で桃森先生の言いたいことはすでに表現されてしまってるのかなとも思ったりします。

たとえばここ



この結論につなぐが自分でたどりついた事に意味があるんだと思います。
人から教えられるのではなく、皇子達とふれあい、自分で感じたことだという事に。




そんなつなぐが晴ちゃんと高仁様に言ったそれぞれのセリフ





違いがもうはっきり出てる。
高仁様には無意識に言ったセリフだけど、晴ちゃんにはもう自分の意思として「国皇に向いてるのは晴ちゃんだ」って結論だしてるようなもんでしょう。
夏休みの間の晴ちゃんを見て、つなぐが出した結論。
この国の皇という、他の国にはない特殊な国皇の在り方であるからこそ、晴ちゃんの方が素質があるんですよね。
私が予想していた通りでした。


しかし高仁様とつなぐ、なんじゃこのいちゃいちゃは!
そしていちゃいちゃからの〜↓



高仁様、それは恋というものです。
つなぐに対してくだけた態度をこうまで出せるようになって、つなぐも高仁様に遠慮がない。
俺様なように見えてけっこう尻に敷かれそうなタイプかもしれんw

でもまだ皇子である立場をほってまで、つなぐと恋をする覚悟ができてるようには見えない高仁様。
自分で言ってる通り、今が楽しい時期なんだろうな。

次に向けて晴ちゃんの問題が中心になってきそうですが
つなぐはどう決着をつけるんでしょうか。
a
皇子かプリンス (2)
桃森 ミヨシ (2012/4/25)
■新書判/224ページ
■定価:420円(税込)
■収録作品/皇子かプリンスnobel 8~15

皇子達の素顔にドキっとしたり本音を知って感動したりしながら二人の皇子を繋ぐために奔走するつなぐ。でも二人は皇子としての務めに悩み、いがみ合います。そんな中、つなぐがとった行動で高仁様と晴ちゃんが…!?


「どっちも」という価値観



  ぜんぜん違うもの どっちも受け入れて

  どっちも輝かせる力があるってことなんだから





出ました2巻。
雑誌で読んでる時はそうは思わなかったんですが、コミックで通しで読むとわりと展開が早かったんだなあ…と。
展開というか、話の進んでいく流れが。
他の方もブログで、早く終わらそうとしてる?とおっしゃってた方がいましたが、そうなのかなあ。
いろいろと障害もあるのかもしれませんが、本当にいい作品だと思うので長く続いてほしいんですが…。でも桃森先生の言いたかったことはすでに(まだコミックになってない雑誌掲載分で)描かれたのかなという気もするんですよね。
ここまで分かりやすく、丁寧に、上から目線のお勉強や理窟ではなくいろんな事を知れて、いろんな想いが伝わってくる本当にいい作品だと思います。小難しくするよりよっぽど大変なことをされてるんじゃないかと。誰にでもわかるようにかみ砕くというのは、逆に難しい気もしますしね。

今回、高仁様がかわいさ爆発してました。
こんなかわいい高仁様を前にしてつなぐの出した結論からすると、結局どっちともくっつかない可能性も十分に考えられます。
高仁様は自覚ないけど、これってもうつなぐを好きになりかけてるし、晴ちゃんも依存的とはいえつなぐに惚れてる。だけどそんなおいしい状況よりも優先することが他にあるというのは、つなぐが無私を体現しているから、そして女の子としてまだ目覚めてないとも言えるわけで。
私としては晴ちゃんに脈はないと思ってるんで、ぜひ高仁様と結ばれてほしいですけどね~。晴ちゃんはわんこみたいで可愛いですけどね。

でもどう見ても晴ちゃんの方が実は国皇に向いてる、実は資質があるという流れなんです。
高仁様は2巻の最後で非常にもっさりとした残念なお姿を見せていますが、資本主義の塊なこっちが本性なわけですから。
本当に二人を足して割ればちょうどいいんですけどね。


つなぐの口癖だった「どっちも」はいろんな意味を含んでいます。
1巻の冒頭で出た「どっちも」というセリフ。その時はただ優柔不断な性格を表すのみだった。けれどここにきて、このマンガのテーマとも言えるような大事なセリフだったのかと気付かされました。
「どっちも」というのはニュートラルということ。
日本人は調和することの才能に長けている。昔から和を大切にし、自分の主張を殺し相手を尊重する。それをお互いがやるから、全体的な意見を取り入れることが出来てうまくまわる。そういう文化があるのです。
どちらか片方だけがそれをやり、もう一方は自分の主張を押し通す、という関係性になると均衡は崩れ、独裁をうみます。
でも今は日本だけ、という情勢でありません。世界の人とつきあっていく世の中。その中で自分の主張をしないことは無能であるという価値観になりました。
そうではなく、調和するということ「どっちも」はとてもバランス感覚のいる、価値あるものなんですよね。
いろんな人がいて、いろんな役割がある。つなぐのようにあまり目立たない、評価もされないところにこそ、支えとなる昔からの基盤があるのだと思いました。
そして願わくば、物語として、つなぐの女の子としての「どっちも」が崩れた姿も見たいなあ。「どっちも」じゃなくて「どっちか」になる、まさに皇子かプリンス。そんな時もくるんじゃないかと。

このブログについて
2011年7月より2012年7月までマーガレットで連載された、皇子かプリンス/桃森ミヨシさん(著)の感想を好き勝手に綴るブログです。
ネタばれを多分に含みますので嫌な方はご遠慮下さい
皇子かプリンス とは
コミック全3巻 発売中

この国の皇は「無私」である事を強要される立場。
しかしその息子である双子の皇子は、我が強く、超仲が悪い。
そんな二人の皇子の仲立ちを任されたのは"自分が無い"と言われる程に我欲の薄い女子高生「つなぐ」。彼らが影響しあい恋をし変わっていく、学園&皇室ラブコメ。
「本当の無私」とは何か、という事がテーマになっており、皇子はそれを主人公から学ぼうとしている。また主人公も皇子達から「自己確立」を徐々に学んでいる。
架空の日本が舞台ではあるが、皇家の設定は日本の皇室をモデルにしている。
リンク
最新記事
(09/04)
(07/07)
(06/26)
(06/16)
(05/26)
最新コメント
ブログ内検索
プロフィール
HN:
オガクズ
性別:
女性
自己紹介:
料理関係ライター、医療関係雑誌編集者を経て現在はフリー。先輩のアシスタントとして医療関係の裁判傍聴だけは続けている。食と健康に関する興味から、学校給食について調査中。彼氏と共に東京在住。心のオアシスはコミック読み。
学生時代に「ハツカレ」で桃森ミヨシのファンになる。
辛口と甘口とファンの欲目と希望と萌えの混ざった感想を好き勝手にだらだらと綴っている。
バーコード

Copyright©「皇子かプリンス」のページ:All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]