忍者ブログ
2011~2012年に連載された桃森ミヨシさんの「皇子かプリンス」ファンサイトです!
comic
>26>>25>>24>>23>>22>>21>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a
皇子かプリンス (3)
桃森 ミヨシ (2012/8/25)
■新書判/224ページ
■定価:420円(税込)
■収録作品/皇子かプリンスnobel 16~23+24

高仁様と晴ちゃん、2人そろっての祭祀に感動するつなぐ。でも皇様から2人を選別してほしいと新たな課題が──。2人の皇子と向きあい、必死に考えたつなぐが出した答えは──? 高貴なラブコメ、ここに完結!

【収録作品】描きおろし それぞれのボンボニエール



今だからこそ考える、日本が持つ価値観





出ました3巻。そして最終巻です。

最後まで読んだ率直な感想としては
「非常によくまとまっているなあ!」です。それはもう打ち切りとは思えないほどに。
そうなんです、打ち切りなんだそうですよ…、この事について桃森先生がとても真摯に読者にむけて説明なさっていて、なおかつ編集部にも感謝なさっている。その言葉が全然きどってなくてとても素直で、ああやっぱり桃森先生のこと好きだなあと思いました。ぶっちゃけすぎだろ、とも思いましたが(笑
たしかに恋愛面での話は打ち切りな感じで、もっといっぱいあったであろう皇子とのきゅんきゅん話はまったく足りません。
でもこのマンガがたった3巻までで非常に完成度が高く感じるのは、やはり一番のテーマとなる部分は恋愛ではなかった事の証拠であろうと思います。

韓国が天皇陛下を侮辱したりいろんな問題が浮き彫りになって、ここにきて初めて「天皇陛下の役割ってなんだろう?」と考えた若い人も多いのでは。それまでは日本人にとって天皇とはちょっと遠い存在でした。というより世代によって価値観が大きく変わる。お年寄りにとっては神にも等しいし、母親世代は美智子様や雅子様、紀子様のご成婚でまた別の思い入れがあるでしょう。私世代になるとそれも記憶になく、なんとなく存在が遠くなって来て、今の若い人にとってはまったく接点がなく、教科書で習う「象徴」としての漠然としたものでしかない。
とてもわかりにくい天皇制度の存在意義みたいなものを、とても分かりやすく表現できている創作マンガは他に無い、と私は思います。ああだから日本人は陛下を侮辱されてこんなに怒ったんだな、というのが理解できた。私も腹がたっていたけど、その理由をはっきり説明できなかった。でもこれを読んで、根本的な価値観というか、この国の人の生き方そのものの概念だったんだと、感覚で分かることができたんです。

そういう意味で、短いものではありますが、このマンガは非常に意味のあったような気がします。
小さいところから意識を変えている部分はすごくあると思う。とくに年齢の若い読者の。

しかしだからこそ娯楽恋愛マンガとしてはダメだったのかもしれないな、とも思いました。
皇子二人は魅力的で性格も面白かったし、キャラもたっていました。設定も面白い、テーマもすばらしい、メッセージ性は申し分ない。
足りなかったのは主人公との恋愛部分においてのときめき、それに尽きると思います。
ただ逆に考えると、主人公が恋愛に特価した子で、皇子が大好きー!とストーカーなみに追いかけ回す子だったら、大切なメッセージはまったく伝わってこないむしろ腹立たしいマンガになったかもしれません。また、皇子が主人公に入れあげて、公務そっちのけで恋愛に重視するような男だったら、これまた台無し。
現実に即していたからこそ、娯楽としての軽い恋愛マンガには発展しなかったのが原因のような気がします。


しかしマンガとしての完成度、とくに見せ場はすばらしかった。
二人の皇子が記者会見と生徒会演説でそれぞれ相手を尊重し、それがリンクするところ。
無私で行った二人の姿。
そして最後の書き下ろしでの「無私」というもののまとめ方。
高仁、晴仁、つなぐ3人がそれぞれ「無私」の気持ちで相手の為にした事…それが物語の最初の謎に対する答えにもなっている。
完璧な構造です。
最後の書き下ろしがあるのと無いのとではかなり印象が違ってきます。


いろんな意味でいいマンガだったし、惜しいなあ。
このマンガはすごく桃森先生の評価を上げたし、逆に人気面では下げたかもしれない。
「悪魔とラブソング」や「桐島、部活やめるってよ」のコミカライズでも思いましたが、桃森先生はキャラクターの心理描写がうまいんです。そしてその感情が、恋愛面だけに向かっていない。人間として持つ嫉妬心や、尊敬の心、相手に尽くす心、独善、誇り、社会性。
そういった難しいことを描ける作家さんなのです。
しかし娯楽としてのマンガを描こうという気概も見える、とくに皇子かプリンスは一見すれば乙女な逆ハーです。きゅんきゅんさせる為にがんばろうというサービス精神は、ハツカレでも証明済みです。
ただ、今その両極にある二つのバランスが取れていないのかもしれない。
勝手なことを言いますが、桃森先生は雑誌を変えて、ラブコメ部分を捨てる勢いでもっと大人向けの本格的な深い物語に特化したものをやるか
社会性は捨てて、単純で分かりやすいハツカレのような、心理描写だけに特化したものを描くか、どちらかをせまられているような気がしてなりません。
もちろん一番いいのは両極にあるその二つのバランスが取れること。その時ものすごいヒットを生み出す可能性も感じながらも、今ちょっと試行錯誤されている感じもしてしまいます。
作品のたびに変化を見せている作家さんですから、次回作がどんなものになるかすごく楽しみです。私の言ったようにどちらかに特化するのか、それともまったく違う挑戦をなさるのか、次回作の発表が待たれるところです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME | 最終回 >>
このブログについて
2011年7月より2012年7月までマーガレットで連載された、皇子かプリンス/桃森ミヨシさん(著)の感想を好き勝手に綴るブログです。
ネタばれを多分に含みますので嫌な方はご遠慮下さい
皇子かプリンス とは
コミック全3巻 発売中

この国の皇は「無私」である事を強要される立場。
しかしその息子である双子の皇子は、我が強く、超仲が悪い。
そんな二人の皇子の仲立ちを任されたのは"自分が無い"と言われる程に我欲の薄い女子高生「つなぐ」。彼らが影響しあい恋をし変わっていく、学園&皇室ラブコメ。
「本当の無私」とは何か、という事がテーマになっており、皇子はそれを主人公から学ぼうとしている。また主人公も皇子達から「自己確立」を徐々に学んでいる。
架空の日本が舞台ではあるが、皇家の設定は日本の皇室をモデルにしている。
リンク
最新記事
(09/04)
(07/07)
(06/26)
(06/16)
(05/26)
最新コメント
ブログ内検索
プロフィール
HN:
オガクズ
性別:
女性
自己紹介:
料理関係ライター、医療関係雑誌編集者を経て現在はフリー。先輩のアシスタントとして医療関係の裁判傍聴だけは続けている。食と健康に関する興味から、学校給食について調査中。彼氏と共に東京在住。心のオアシスはコミック読み。
学生時代に「ハツカレ」で桃森ミヨシのファンになる。
辛口と甘口とファンの欲目と希望と萌えの混ざった感想を好き勝手にだらだらと綴っている。
バーコード

Copyright©「皇子かプリンス」のページ:All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]